出会いをつかめる人

出会いをつかめる人

私は自分で、出会いが少ないほうだと自認しています。

 

もともと面倒くさがりで、あまり積極的に人と出会おうとしたり、外に出たりしないからです。

 

でも、たとえ限られた経験の中でも、ちゃんと出会う人は出会うのですよね。最近、改めてそう思った出来事がありました。

 

それはもう10年以上前、大学2年の夏休みのことです。ある障碍者スポーツ大会に地元ボランティアとして参加しました。私の担当は数日で、会場での観客の誘導や、観客席の警備などをしていました。

 

同じボランティアの大学生でも、語学が堪能なメンバーは、外国選手の雑談に招かれたり、外人のお客さんの誘導をしたりと忙しそうでした。そのときは特に思い出もなく、その数日を過ごしたのですが、数年後、新聞である記事を見たのです。

 

そこには、そのスポーツ大会のボランティアをきっかけに、結婚して海外に住んでいるという日本女性のことが書かれていました。

 

彼女は語学ボランティアとして参加し、オーストラリアから来ていたある選手と知り合いました。

 

そして大会中に友好を深め、その後も長く文通を通じて付き合いがあり、ついにゴールインしたとのことでした。お相手の彼は今でもスポーツ選手として活躍しているそうで、彼女は彼をサポートして色んな海外試合へついていっているそうです。

 

その記事を見て、同じ大会に同じ立場として参加しても、運命の出会いをつかむ人はいるんだなぁととても感心しました。出会いがない出会いがないとつい言ってしまいがちですが、どんな場所にいても出会いを見つける人はちゃんといるんですよね。

 

 

 

 

 

 
出会い総合記録集 site map